旧約聖書 新約聖書 HOME





 マラキは紀元前430年頃に預言者として働いて、記録を残しました。このマラキの預言書は、旧約聖書の巻末に収められています。マラキ書は4つの主題に添って書かれています。


イスラエルの罪 マラキ1章6節、2章17節、3章8〜9節
イスラエルに下される裁き マラキ1章14節、2章〜23節、12節、3章5節
従順に対する約束 マラキ3章10〜12節16〜18節
イスラエルについての預言 マラキ3章1〜5節、4章1節、5〜6節


 マラキはその預言の中で、バプテスマのヨハネ(マラキ3章1節、マタイ11章10節)、什分の一(じゅうぶんのいち)の律法(マラキ3章7〜12節)、主(キリスト)の再臨(マラキ4章5節)、エリヤの帰還(マラキ4章5〜6節)について記しています。また救い主(復活後のキリスト)は金版の民のために、マラキ書の第3章と第4章のすべてを引用しています。



inserted by FC2 system